売値は低くなります

「スプレッド」とは外為は外貨を買ったり、売ったりすることによって差益を得る商品です。マイクレ

値は、動いています。郵便局の貸付制度を利用して400万円弱のお金を借りました

それが為替市場です。メールレディ ファム

ラジオのニュースを聞いていると通貨の市場のニュースが流れることがあります。オメガ

見かけるのが、「ただいまのドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。コンブチャクレンズ

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表現しています。コディナ アロエジェル

つまり、買いと売りの2個の価格が存在します。サクナサク

売値、買値ではなくビット、アスクと表しているFX業者もあります。

いつもは買値よりも売値のほうが安い価格になっています。

現実に買値は高く、売値は低くなります。

その差をスプレッドといいFX会社の収益のひとつといわれています。

スプレッドの広さはFX取引会社によって違います。

スプレッドは自分にとって経費になるので、小さいFX取引会社をセレクトしたほうが有益です。

ただし、同じ会社でも状況に応じてスプレッドの差は変化します。

仮に通常はドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの幅であってもレートの上げ下げがとても激しい状況では1銭よりも大きくなります。

という事で、スプレッドが低いのと同時に変化が少ないのが重要です。

決まったスプレッド幅を見せるFX業者もいろいろあります。

実際に業者の売買画面の中で実際のマーケットを確認しなければ見分けられないのでやっかいですが、とても大事な事です。

大切なお金を預けてエントリーをしますので、取引の前に、心惹かれた会社の新規取引口座開設をして、表示されているスプレッドの差を確かめましょう。

同じ通貨のペアでもそのときの為替相場の状況によってスプレッド幅は異なります。

おおむね、銀行間取引市場で売買高が多い通貨の組合せではスプレッドの幅が小さくあとのペアではスプレッドの幅が拡大する事がよくあります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.tetarologue.net All Rights Reserved.