理解していて損することはないはずです

借入などの引き落し内容は、ローン会社それぞれでギャップというものがありまして様々なやり方が取り入れられてます。リネットプレミアム会員

基本的なところでは残高スライド方式やリボ払い方法が多く採用されているようです。オンラインカジノ iphone

またかようなほとんどの人が知っているリボ払いですが、実は算出には多様な手法というものがあったりするのです。アクアデオ

よってしかような手法によっては引き落しトータルが異なってしまいますので、理解していて損することはないはずです。ローヤルゼリー

やさしくこの2つの方式のへだたりを説明していきましょう。蟹は日本人に大人気

一つは元金均等払いもう一つは元利均等払いです。ミュゼ 100円

それぞれその名のとおり、元金についてを均分にして支払っていくのと、元金と利息についてを一緒にして均一に払っていこうという方法になります。英語教材買取

今回のケースでは仮に10万円を借金したとして、実際いかような勘定をするのかやってみます。

利率についてはいずれも15%と仮定して計算します。

更にリボ払などの金額を1万円とし計算します。

とにかく元金均等払いです。

この折の1回目の支払いは1万円へ利子分1250円を加算した引き落とし金額になります。

その次の返済に関しては1万円に利息分の1125円を加算した支払額になります。

こうして10回で引き落しを済ませると言う方式です。

これに対して元利均等払いとは1回目の返済に関しては1万円ですがそこから元本に8750円金利へ1250円という具合で分配します。

2回目の返済は元金が8750円に減った状態で金利を勘定し1万円を再び分配するのです。

換言すれば元利均等払いのケースでは10回で引き落しが終わらないという勘定になるのです。

たったこれだけの差異で二方がどのくらい違ってるのかということが十分ご理解頂けたことかと思います。

元利均等とは元金均等と比べて元本が減っていくのが遅くなっているという欠点というものがあります。

別のことばで言えば利子といったものを多く出すという状態になります。

反面、初回の支払が些少な金額で落着するという利点もあります。

かかる支払い方法などの相違によって返済額というものが異なってくるのでご自分の返済計画に合致した使用法を取るようにしてみてください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.tetarologue.net All Rights Reserved.