車の事故後は気が動転

予測せず突然出会うのが自動車事故です。フレキュレル

そこで何をどうやって対応したかにより自動車の保険料の支払金もかなり大きく変わる時も想定されますので正確な考えと行動力が求められます。ゾンビ漫画 おすすめ

予期せぬアクシデントで冷静さを失ってしまうと重大な対処を見過ごしてしまい、それからかなり大きな損を負わされる状況も考えられるので乗用車の事故を起こしてしまった場面では正しく次の判断をします。アーセナル

乗用車の事故の遭遇した時に第一にするべき事は怪我をした方の有無を確認する必要があります。チャップアップ

車の事故後は気が動転するあまりぼうぜん自失となってしまう場合がありすぐに対応できないのが通常です。

ですから、負傷者がいた場合には危険が少ないところへ運んでから応急処置をして救急車を呼ぶ等人命優先に努める必要があります。

救急車を呼ぶ時ははっきりと位置を告げて分からない場合には目に留まったデパートや場所名を知らせて事故の現場の住所が分かるようにします。

その後に警察へ通報して、交通事故を起こしてしまった事さらに状況を告げます。

救急車と警察を待っている内に負傷者の情報を聞きます。

名前、連絡先、免許証、ナンバープレート、事故の相手の自動車保険会社名など各々の内容を教えあいます。

その時事故相手に不手際がある状態ではそこでやりくりしようとする状況が考えられますが事故現場で処理するのではなくどの場面であれ110番や自動車の保険会社知らせて、きちんと確認してもらうことが重要です。

互いの情報をやり取りしたら他者の障害になることをやめるために障害物を道の上から取り去ります。

仮に障害物が他者の車の邪魔になっている場合は各々の情報を交換するより先にこの対応をしても問題はないです。

この後に自分のお金を払っている保険屋さんに電話をし、車での事故が起きた事を告げます。

車での事故から特定の時間内に自動車保険の会社に連絡しておかないと保険の適用除外とされるケースも想定されるので時間が出来たらすぐに行動することが大事です。

また交通事故の証拠としてタブレットなどで事故やマイカーの破損の様子が分かる写真をを撮っておきます。

この写真は過失の割合決める時に役割とできますので自分自身の乗用車や相手方の乗用車の壊れた箇所を全て写真に残しておくことが大事です。

その時に第三者がいるのであれば警察や保険屋さんの人がやってくるまで事故の現場にいてもらえるように求めることも大事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.tetarologue.net All Rights Reserved.