入れておいていただけると思います

加盟店で全部のクレジットカードが切れるわけでもない▽クレカ会社の契約店舗は多くの場合ときには5を超えるカードに加盟していますが、残念ながら全ての加盟店であらゆる運営会社のクレカが切れるわけでもありません。

一例をあげると古い加盟店のときはJCBマークの書いたそのクレカしか使えないときもありますし今日日の契約店舗の場合だとビザやマスター印のついているクレジットカードのみしか決済不可な場面もあります。

銀聯などのクレジットカード会社なら増して決済不可な状況が増えるでしょう。

どのロゴのカードが決済できるかをどんな方法で判断すると良いか?「それならどのようにしてどの印の所有クレジットカードが切れるかを判断すると良いか?」という質問だけど、正しく理解するには該当店舗の方に聞いてみる以外ないていうのが実のところ正しい答えです。

だがおおよその店舗や料亭には加盟店の分かりやすい部分に使用可能なクレカ会社のロゴが入っているシールが掲示されているので「ああ、あそこの店舗ではMasterCardが切れるんだな」といったことが分かりやすくされているし頭に入れておいていただけると思います。

しっかりと案内が行き届いていない店舗で使用する際にはロゴシールが貼り付けられているショップでも「当店ではご提示いただいたクレジットカードは使えません」なんて返答を受ける場合もあるわけで、冷や汗をかいてしまうこともなくもないですね。

やはり可能な限り全部の加入店舗でカードが有効であるようにしたいならば異なる種類の印(欧米圏のマーク)が書かれている一般的なビザカードMasterCard、JCB、アメックス、というようなクレカを複数携帯するようにするとよいでしょう(例:UCカードをいつも使っているなら次はMasterCard付帯のカードを財布に入れておくなど)。

日本では、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのカード会社が書かれているカードを常時所持していればおおむねすべての加入店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを決済するよう準備万端というわけです。

クレジットカードを使って日々節約を続けていくには、言うまでもないがそれぞれのカードを作っておいていただくようお勧めします。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.tetarologue.net All Rights Reserved.